爪木崎の朝日

a0287006_17533266.jpg
約一年ぶりの投稿です。

ここのとろろfacebookの方への投稿がメインになっています。
facebookの方も是非、閲覧してみてください。

さて、

1月21日の土曜日、伊豆下田の爪木崎を訪ねました。水仙がたくさん咲く場所
として有名なところです。日の出を背景に水仙の写真を撮ってみようかと、
勝手に想像を膨らませて出かけてみましたが、ちょっと遅かったようで水仙の花
はかなり萎れていました。残念!
やはり、伊豆の最南端は東京より南に位置し、開花の時期も少し早めなんですねぇ。
観光案内には2月初旬まで見頃とあったのですが・・・。

それより、今回の遠出でびっくりしたのは道中、天城峠を車で越える際、朝方3時
くらいでしょうか、車道の周りにたくさんの鹿がたむろしていました。一時は2頭の
鹿が車の前をしばらく走り、私が車で2頭を追跡するという状況に!まさに、
サファリパークのよう・・・。その2頭もガードレールを飛び越えて道路を外れて
行きました。あの辺、鹿がたくさんいるんですね。

写真は、日が昇るのを待って流木を撮った一枚。水仙には目もくれず、灯台などを
絡めて朝日の写真を撮って帰ってきました。今回は不本意に終わりましたが、この経験
は来年の撮影に生かしたいと思います。
# by y0sshi | 2017-02-04 17:54 | 風景 | Comments(0)

浅間尾根を歩く

a0287006_1391512.jpg

檜原村の浅間尾根を歩いてみました。浅間尾根登山口のバス停から、
払沢ノ滝入口バス停まで、ネットの情報では約5時間の行程でしたが、
倒木や面白い木の造形、傾きかけた太陽に照らされた山肌など、
気になった被写体の前でしばし立ち止まっていたりして、結局7時間ほど
山の中にいました。(^.^)
本格的な春の風景になるには、まだちょっと早いのかなというハイキング
でした(^^♪

a0287006_1310541.jpg

a0287006_13124020.jpg

a0287006_13134100.jpg

a0287006_13151144.jpg

a0287006_1317341.jpg

a0287006_13182168.jpg

# by y0sshi | 2016-03-10 13:52 | 風景 | Comments(0)

河津での出会い

a0287006_19123889.jpg

河津桜が満開の河津へ行ってきました。
さすが河津。大勢の人で賑わっていました。

私も見物客に混じって、桜の写真を撮っていると、

「ちょっと、シャッターを押してもらえますか?」

と年配のご夫婦に声を掛けられました。見ると私のカメラとはメーカーは
違いましたが、立派な一眼レフカメラを差し出しておられます。

「あ、いいですよ」と快諾。

私も一生懸命撮っているところでしたので、カメラに慣れていると思われたの
かもしれません、奥様のほうが「うまい人にとってもらいたいから」
なんておっしゃるものですから、少し恐縮、緊張しながら渡されたファインダーを覗きました。

奥様がニッコリとなんとも言えずいい顔で、ご主人の腕にしがみついて
ポーズをとられているのをファインダー越しに見て、
思わず「ほのぼの」としてしまった私・・・。 (*^_^*)

「いや~、ご主人をふか~く、愛しておられるんだなぁ・・・」
そんなことを思わせる、仲のよさそうな素敵なお二人でした。

河津桜の綺麗そうなところを背景を入れて一枚写真を撮り、カメラをお返しして
お別れしたのですが、立ち去りながらご主人が写真を確認しておられ、
慌ててまた小走りに戻って来られました。

あ、もしかして私の撮った写真、何か不備でもあって、お気に召さず、
NGだったのかな・・・・。

すると「写真をカメラで表示させていて、間違って削除してしまいました。」
とのこと・・・(^.^)

ということで、もう一枚、撮り直しということになりました。

おかげで、「ほのぼの」を2度楽しむことができました~

(^^)/
# by y0sshi | 2016-02-27 06:00 | 風景 | Comments(0)

白岩の滝

a0287006_11395491.jpg

武蔵五日市駅からバスで平井川沿いに行き、白岩滝停留所で下車、タルクボ沢沿いの
道を登っていくと「白岩の滝」に出ます。

ここから麻生山、日の出山、御岳山などへ
向かう登山コースの入り口にもなっているようですが、私は滝だけを目当てに、
訪ねて見ました。

事前にチェックした情報では末広がりに広がった滝ということ
だったのだけれど、水量が少なく、末広がりにはなっていなかったかな・・・?

滝の脇に、椿の木があり、きれいに咲いていれば絵になったかもしれません。
枯れアジサイが周囲にきれいに残っており、開花の時期にはいい雰囲気になり
そうですね。

実はこの上の山道を登っていくと、まだいくつもの滝があるとのことなのですが
今回は、一番下段のこの場所で写真を撮ってみました。
時期を見て、またじっくり来てみたくなる滝でした。(^^♪
# by y0sshi | 2016-02-20 12:39 | 風景 | Comments(0)

紅梅

a0287006_23262328.jpg

春が来ましたね~!
今年の梅は、例年に比べてかなり早いような気がします。
綺麗な紅色の花がついている梅の枝を見つけました。

これから順繰りにいろいろな花が咲いて行きますね。
(^^)/
# by y0sshi | 2016-02-13 23:31 | 植物 | Comments(0)

江の島の夕日そして波濤

a0287006_17314749.jpg

久しぶりに湘南海岸まで足を延ばしました。
ちょうど夕日が沈む時間にあわせ、カメラ片手に、気軽な気持ちで
出かけてみたのですが、撮り始めたら、前景に波を入れたいな、なんてことを
考え始め、気が付いたら、靴の中がびしょびしょ、砂だらけの状態になっていました。
(>_<)

画面の中に太陽を入れる写真を久しぶりに撮ったのですが、キャノンのEOSには
「高輝度側・階調優先」という、白トビを抑制してくれる機能があり、珍しく
使ってみました。白トビをあまり気にせず、露出を明るくすることが出来るのがの
がいいですね。ハーフフィルターなどを使って撮影することもあったのですが、
この日のような、手持ち撮影では、まさにもってこいだったかも知れません。
カメラの性能はどんどん良くなっていることを改めて感じました。
その割に、仕上がった写真は、露出抑えめに落ち着きましたけどね。(^^;

カメラを片手に気軽な散歩。いい運動にもなって心も体もリフレッシュできます。
砂だらけで、帰宅したら、嫁さんに怒られてしまいましたが・・・。
(^^)v
# by y0sshi | 2016-02-06 18:08 | 風景 | Comments(0)

川の流れ

a0287006_9581087.jpg

何も考えずに、ぴかぴかと光る川の流れをぼーっと眺めていました。
都会で忙しく暮らしている人にとって、こういう時間が実は何よりも必要なのではないか・・・。
そんなことを思います。

たまには、自然の中に身を置いてみませんか?

(^^)v
# by y0sshi | 2016-01-29 10:03 | 風景 | Comments(2)

秋川の畔

a0287006_13101058.jpg

昨日、気が付いたのですが、Facebookの「いいね」のバリエーションが増えましたね。(^.^)
「いいね!」「すごいね!」「超いいね!」「うけるね!」「悲しいね!」「ひどいね!」の
6種類になるのだとか。個人的にはあまり種類が増えても、どれを選んでいいか戸惑ってしまって、
結局「いいね」に落ち着いてしまうのではないかと思います。それにFacebookに写真をUPして
「ひどいね!」と言われたらちよっとショックかな。

Facebookでは、私も、写真投稿サイトなどに参加して、色々な方の写真を見て刺激を受けたり、
自分でも時には投稿したりして楽しんでいるのですが、「いいね」については、普段、感じて
いることがあります。それは、「いいね」の付いた数によって、写真の良し悪しを評価している
ような風潮があること、というか、それによって、選出するコンテストなどもありますよね。
まあ、私が投稿してもそれほど多くの「いいね」がつかないから負け惜しみで言っているような
ものなのですが (^.^)、「いいね」の数で判断するやり方は、それはそれで、一つの運営の
方法なのかもしれないけれど、私にはちょっと抵抗を感じてしまうところがあるのです。
というのは、「いいね」をしてくれる一人一人が、客観的に写真を評価してボタンを押している
わけではないですものね。
でも、結果として、多くの人に支持されて選ばれたものは、やっぱり素晴らしいのですけど。
ただ、私としては、コンテストに出すのなら、選者がはっきりしているところに出したいか
なぁ・・・。(^.^)

物事の上達のためには、いつも「いいね」とばかり言われることよりも、正直、ここがイマイチ
だったね、というように話が出来る仲間がいることも、実は、貴重だったりします。写真でもそう。
ここに邪魔なものが入っちゃったね~とか、なんかインパクトに欠けるね~、とか、ここに綺麗な
雲が浮かんでたら最高だったね~というように、気軽に話が出来る仲間ですね。そして、それを
静かに聞いて受け止められるかも大切で、そういった話が率直に出来る機会が持てることは幸せな
ことだと思います。

最後の「雲があったら」の話は、一つの例えですが、実は昔、私が写真の師匠に実際に言われた
ことでした。そのとき、これには、実際に浮かんでなかったんだからしょうがないじゃないか、
と思ってしまったのですが、今思うと、そこに意識があったか、ということが大事なのではない
かと思うのです。意識なく、たまたま撮った雲のない写真なのか、雲がなくてもいいことを選択
してシャッターを押したのか、その差はありますよね。ひょっとしたら、ちょっと離れたところか
ら、こちらに流れてくる雲を待つことも出来たかもしれない。そこまで見てた?ということなのか
と。色々な事の気づきによって、次の機会に生かすことが出来るようになってくるのだと思います。
でも、UPした写真に「ひどいね」と言われたら、やっぱり気分悪いですよね~。
それはやめましょう。(^^;

UPした写真は、年末に秋川の周辺を歩いた時に、落ち葉に敷き詰められた、岩の川辺を撮ったも
の。この後、軽いハイキングに入っていきました。運動不足の解消にはちょうど良く、心地く疲れ
ることが出来た一日でした。
# by y0sshi | 2016-01-16 14:28 | 風景 | Comments(0)

日本水仙

a0287006_17503671.jpg


今日、新宿のリコーイメージングスクエア(ペンタックスフォーラム)に
中西敏貴さんという写真家の写真展を見に行ってみた。
私もよく存じ上げなかったのだが、北海道の美瑛の魅力に取りつかれ
美瑛に移住して北海道の自然を題材に創作活動を続けておられる方だ。
美瑛の素晴らしく美しい自然の姿を捉えた写真が見事だった。
幸いにも、中西さんご本人が在廊されていたので、しばしお話しさせて
頂いた。美瑛といえば私は写真家の前田真三さんのイメージが強いのだが、
やはり、同じ地域で撮影されているそうだ。しかし印象として、写真集でみた
前田真三の写真とは、やはり一味違うものを感じる。なんというか
前田さんの美しさに比べると、コントラストも強く、中西さんの写真にはなにか
力強いものを感じる。やはり、若さがなせる業か・・・。

また、驚いたことに、展示写真はすべてAPS-Cのカメラで撮影されたのだ
そうだ。実際に撮影した機材も展示されていたのだが、「え、これで
撮られたんですか?」と思わず聞いてしまったほど、コンパクトな
カメラだった。写真の腕は、やはりカメラとは別なのである。

「ORDINARY」(オーディナリー)中西敏貴 (なかにしとしき)
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareshinjuku/2016/01/20160106.html



さて、本日UPした写真は公園で撮った日本水仙。
久しぶりにこの週末に訪ねたこの公園は、水仙の花でいっぱいだった。
いろいろ撮ってみたのだが、マクロレンズを使って、葉の向こうに
咲く水仙を捉えたものを選んでみた。
小さい範囲を捉えた、地味な世界だが、花の表情が面白く感じられ、
写真にしてみた。(^^)
# by y0sshi | 2016-01-10 18:13 | 植物 | Comments(0)

Sazanka

a0287006_19113882.jpg

あけましておめでとうございます。
今年も皆さんにとって良い年になりますようお祈りいたします。

写真は、2年前に撮ったサザンカ。以前に撮ったものだが、
仕上げ方を変えると、だいぶ印象が変わるものである。
この写真は、色温度を下げてみた。
これも写真の一つの楽しみ方、時間が経つと自分の好みも
変わってきていることが認識できて面白い。
時々、昔取ったものを引っ張り出してみることは、ぜひおすすしたい。
(^^;
# by y0sshi | 2016-01-02 19:18 | 植物 | Comments(0)

Frozen Leaves

a0287006_1421598.jpg

年末の休みに入り、山の中を軽めのハイキングをした。もう紅葉も終わり
すっかり冬に入って、写真に撮るものもないだろうと思っていたのだが、
積もった落ち葉が凍りついている一帯に出会った。
谷あいで、天気の良い日でもほとんど終日、日陰の状態が続いている
場所なので、ずっと解けずに残っているのだ。
思わぬ発見に、しばし撮影。形のよさそうな葉を選んで、撮ってみた。

これが、2015年の撮り納めとなるだろう。
また来年、面白い被写体がとの出会いがありますように。
新年は、漫然と過ごすのではなく、夢を描きながら過ごしたい。
夢を心に描いていれば、いずれ実現することを信じて・・・。

今年一年、このつたないブログを見て頂きありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。  
# by y0sshi | 2015-12-31 14:51 | 風景 | Comments(0)

楓の赤

a0287006_17191657.jpg

この週末も、新宿御苑の朝を散策。先週、撮った落ち葉が浮かんでいた池はすっかり
干上がって、もう写真が撮れるような状況じゃなかった。
やっぱり、写真の被写体は一期一会なんだなぁ、なんてことをつぶやきながら
歩いてみたが、それでもまだまだ、ここは紅葉が残っている。
大きな楓の木の下で上を見上げた。定番の撮り方かもしれないが、朝の光を透過
させながら赤く輝く、楓の枝を、広角レンズを使って画面に入れてみた。
広く広がる枝をどう入れるかが、難しいところだが、さてどうだったか。(^^;
# by y0sshi | 2015-12-20 17:38 | 風景 | Comments(0)